確認テスト 旅行業法「旅行業約款」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

保証社員である旅行業者がその旅行業約款に記載した旅行業協会の名称を変更することは、軽微な変更のため、登録行政庁の認可を受ける必要はない。
保証社員である旅行業者は、その旅行業約款に記載した弁済業務保証金からの弁済限度額を変更しようとする場合、登録行政庁の認可を受けなければならない。
登録行政庁が旅行業約款の認可をするときの基準として、旅行者の正当な利益を害してはならないことが定められている。
旅行業者は、現在認可を受けている旅行業約款について、契約の解除に関する事項を変更する場合、登録行政庁の認可が必要である。
観光庁長官及び消費者庁長官が標準旅行業約款を定めて公示した場合、旅行業者が標準旅行業約款と同一の旅行業約款を定めたときは、登録行政庁にその約款の認可を受けなければならない。
契約の変更及び解除に関する事項は、旅行業約款の記載事項に定められている。
他の旅行業者を代理して企画旅行の契約(募集型企画旅行に限る)を締結することができる旅行業者等は、当該他の旅行業者の旅行業約款をその営業所において旅行者に見やすいように掲示し、または旅行者が閲覧することができるように備え置かなければならない。
旅行業者が所属する旅行業協会の名称又は所在地が変更となったときは、旅行業約款の変更について、登録行政庁の認可を受けなければならない。
旅行業者が、観光庁長官及び消費者庁長官が定めて公示した標準旅行業約款を自らの約款として定めた場合、その約款は登録行政庁の認可を受けたものとみなされる。
登録行政庁から旅行業約款の認可を受ける基準として、旅行業者の責任が明確なことが定められている。
error:
タイトルとURLをコピーしました