確認テスト 旅行業法「事業の廃止、業務の停止、登録の取消、業務改善命令、罰則」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

登録行政庁が旅行業者等の業務の運営に関し必要な措置をとるべきことができるのは、取引の公正又は旅行業者等が組織する団体の適正な活動の促進を害する事実があると認められるときに限られる。
企画旅行に係る旅程管理のための措置を確実に実施することは、登録行政庁が行う業務改善命令に定められている。
登録行政庁の業務改善命令の措置として、旅程管理を行う者を解任することが定められている。
登録行政庁は、旅行業者等の登録を取り消す場合において、遅滞なく、理由を付して、その旨を当該旅行業者等に通知しなければならない。
旅行業約款を変更することは、登録行政庁が旅行業者等に命ずることができる措置(業務改善命令)のひとつである。
登録行政庁は、法人である旅行業者等の役員が禁固以上の刑に処せられることになった場合、その登録を取り消すことができる。
登録行政庁は、旅行業者等が業務改善命令に違反したときは、当該旅行業者等の登録を取り消すことができる。
登録行政庁は、旅行業者等に対し、旅行業務の取扱い料金又は企画旅行に関し旅行者から収受する対価を変更することを命ずることができる。
第3種旅行業者の主たる所在地を管轄する都道府県知事は、当該旅行業者の約款につき、旅行業法の目的を害する事実があると認めるときは、当該約款の変更を命ずることができる。
登録行政庁は、旅行業者に対し、旅行業務の取扱い料金を変更することができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました