確認テスト 旅行業法「事業の廃止、業務の停止、登録の取消、業務改善命令、罰則」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

登録行政庁は、旅行業者等が申請前5年以内に旅行業法に関して不正な行為をした者と判明した場合、登録を取り消すことができる。
旅行業法に関し、不正な手段により登録を受けた者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を受ける。
登録行政庁は、旅行業者に対し、旅行に関するサービスを提供する者に生じた損害を賠償するために必要な金額を担保することができる保険契約を締結することを命ずることができる。
登録行政庁は、旅行業者等に対し、旅行業務の取扱い料金又は企画旅行に関し旅行者から収受する対価を変更することを命ずることができる。
旅行業者が死亡した場合、相続人が事業を引き継ぐごうとするときは、60日以内に引き継ぎに必要な申請をしなければならない。
登録行政庁の業務改善命令の措置として、旅程管理を行う者を解任することが定められている。
旅行業者等の登録の取消事由に該当するものとして、旅行業法もしくは旅行業法に基づく命令又はこれらに基づく処分の違反が定められている。
登録行政庁は、旅行業者に対し、旅行業協会に加入することを命ずることができる。
登録行政庁は、旅行業者に対し、旅行業務の取扱い料金を変更することができる。
登録行政庁は、旅行業者等が営業所ごとに旅行業務取扱管理者を確実に選任するとができなくなった場合、当該旅行業者等の登録を取り消すことができる。
error:
タイトルとURLをコピーしました