確認テスト 国内旅行実務「貸切バス運賃・料金」




PLAY AGAIN を押して何度も違う問題に挑戦しましょう。

走行距離の合計が34㎞のキロ制運賃は、30㎞に運賃額を乗じた額が運賃となる。
団体客の要求により、シートや装備など標準的な装備を超えた特殊車両を手配する場合、バス会社は3割を上限とする割増料金を請求することができる。
貸切バスの運賃・料金は、地方運輸局に事前に届け出なければならない。
バス会社が国土交通省に申請した下限額で運賃を計算した場合、学生・障害者割引運賃は適用されない。
貸切バスの運賃・料金は、時間制運賃またはキロ制運賃のいずれかを選択することができる。
都合により契約責任者が配車日の10日前に運送に係る契約を解除する場合、運賃及び料金の30%に相当する額の違約金を支払わなければならない。
都合により契約責任者が出発の6時間前に運送に係る契約を解除する場合、運賃及び料金の50%に相当する額の違約金を支払わなければならない。
契約責任者の自己都合によるバス台数の変更は、変更がバス台数の10%以上の減少を伴う場合に限り違約料が発生する。
都合により契約責任者が配車日の3日前に運送に係る契約を解除する場合、運賃及び料金の30%に相当する額の違約金を支払わなければならない。
キロ制運賃の計算方法は、出庫から帰庫までの距離に運賃額を乗じて計算する。
error:
タイトルとURLをコピーしました