海外旅行実務 出入国実務 査証

査証とは・・・
外国への入国に際して必要とされる証印のことで一般にビザ(VISA)と呼ばれる。旅券を検査してその旅券が正式かつ有効なものであることの確認と、その人物の入国と滞在を推薦するもので、入国先の領事館などが行う。査証によって入国の許可を約束された訳ではなく、入国するための要件の一つとされているにすぎない。

査証(ビザ)の適用
「査証相互免除協定」や「査証免除」の適用を受ける場合
1.日本国との査証相互免除協定が結ばれた国が発行する有効な旅券(パスポート)を所持する者が、一定の目的で日本渡航をする場合、査証(ビザ)を取得する必要はない。
・日本国内で収入を得ないこと
・滞在予定期間より、パスポートの有効期限が長いこと
・日本への出入国を確認することができるチケットを所持していること
・滞在予定期間が90日を超えないこと
2.上記以外の場合、在日大使館や領事館などで事前に査証を取得し、入国しなければならない。

査証取得が不要な国
外務省ホームページより、最新情報をご覧いただけます。
査証取得が必要な主な国 
アジア インド、カンボジア、ネパール、ミャンマー、スリランカ
中近東 サウジアラビア、ヨルダン、イラン、イラク
アフリカ エジプト、ケニア、タンザニア、エチオピア、マダガスカル、ザンビア
ヨーロッパ ロシア
南米 ブラジル
オセアニア オーストラリア

査証(ビザ)以外の手続きが必要な場合
1.ESTA(アメリカ電子渡航認証システム)
・2年間有効
・事前に取得しなかった場合、飛行機への搭乗、入国を拒否される場合がある。
2.eTA(カナダ電子渡航認証システム)
・5年間有効
3.ETAS(オーストラリア電子入国許可システム)
・1年間有効

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする