海外旅行実務 出入国実務 「航空時刻表」

基本用語
AOG(Official Airline Guide:航空時刻表) フライトに関する様々な情報が掲載されている。
IATA International Air Transport Association:国際航空運送協会
ICAO International Civil Aviation Organization:国際民間航空機関
航空会社コード 航空会社を識別するために付けられる固有のコード。
・IATA(International Air Transport Association:国際航空運送協会)の発行する2レターコード。
・ICAO(International Civil Aviation Organization:国際民間航空機関)の発行する3レターコード。
空港コード 空港を識別するために付けられるコード。IATAによる3文字のコードと、ICAOによる英数4文字のコードがある。
所要時間 出発から到着までの総合時間(飛行時間と乗継時間の合計)

AOG(Official Airline Guide:航空時刻表)
・運行便(運行曜日、運行期間、使用機材、クラス)
・発着時刻
・時差
・飛行距離
・発着空港、発着ターミナル
・空港情報(街の中心地までの距離)

所要時間の計算
手順
「いろいろな方法がありますが、私個人の方法として例題を4つ作りました。あくまでも一例として参考にしてください。」
1.出発地と到着地のGMTの時差を計算する。(出発地-到着地=時差)
2.「到着時刻」から「出発時刻」を引く。
3.2で計算された時刻に「時差」を足す。
4.乗継がある場合は、乗継時間を足す。
※例題4については、計算方法が異なります。
例題1)
成田-バンコク間の所要時間をもとめる。※成田発:6月1日11:00 バンコク着:同日15:30、 GMT:東京(+9)、バンコク(+7)
1.時差の計算をする。(出発地-到着地)
(+9)-(+7)=(+2) 時差は2時間(東京がバンコクより2時間早い
2.「到着時刻」から「出発時刻」を引く。
15:30 - 11:00 = 4:30
3.2の時間に時差を足す。
4:30 + (+2) = 6:30  羽田-バンコク間の所要時間は6時間30分
例題2)
バンコク-成田間の所要時間をもとめる。※バンコク発:6月1日7:35 成田着:同日15:45、 GMT:東京(+9)、バンコク(+7)
1.時差の計算をする。(出発地-到着地)
(+7)-(+9)=(−2) 時差は2時間(バンコクが東京より2時間遅い
2.「到着時刻」から「出発時刻」を引く。
15:45 - 7:35 = 8:10
3.2の時間に時差を足す。
8:10 + (−2) = 6:10  羽田-バンコク間の所要時間は6時間10分
例題3)
成田-バンクーバー間の所要時間をもとめる。※成田発:6月1日16:25 バンクーバー着:6月1日9:00、GMT:東京(+9)、バンクーバー(−7)
1.時差の計算をする。(出発地-到着地)
(+9)-(−7)=(+16) 時差は16時間(東京がバンクーバーより16時間早い
2.「到着時刻」から「出発時刻」を引く。
9:00 - 16:25 = −7:35
3.2の時間に時差を足す。
−7:25 + (+16) = 8:35  成田-バンクーバー間の所要時間は8時間35分
例題4)
バンクーバー-成田間の所要時間をもとめる。※バンクーバー発:6月1日13:40 成田着:6月2日15:25、GMT:東京(+9)、バンクーバー(−7)
1.時差の計算をする。(出発地-到着地)
(−7)-(+9)=(−16) 時差は16時間(バンクーバー東京より16時間遅い
2.バンクーバーが出発時刻13:40のときの成田の時間を調べる。(出発時刻+時差)
13:40 + 16 = 29:40(次の日の5:40、日付が変わる)
3.成田到着時刻から2で求めた時間を引く。
15:25 - 5:40 = 9:45  バンクーバー-成田間の所要時間は9時間45分

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする