海外旅行実務 出入国実務 「時差の計算」

基本用語
GMT(Greenwich Mean Time:グリニッチ標準時) 世界の基準となる時間のこと。イギリスのグリニッチ天文台を標準時(Standard Time:0)として、それより西側(西経)を(-)東側(東経)を(+)として時差が発生する。
国土の広い国は複数のGMT(標準時)を持つ国もある。(アメリカ、カナダ、オーストラリアなど)
※中国、ブラジルなどの国土の広い国でもGMT(標準時)が1つの国もある。
LST(Local Standard Time:地方標準時) 経度が15度が移動するごとに1時間の時差が発生する。グリニッチ(0)を基準にして西側(西経)に経度が15度すすめば(-)となるため1時間遅れ、東側(東経)に経度が15度すすめば(+)となるため1時間早くなる。
日付変更線(International Date Line) 太平洋の真ん中、グリニッチ経度0度から地球の裏側の東経180度を日付変更線とした。
※世界で最も早く日付が変わる国は「キリバス共和国(+14、+13、+12)」、遅い国は「アメリカ領サモア(-11)」。共に太平洋上に隣接する国であるが、日付変更線をまたいでいるため、時差は23時間ということになる。
DST(Daylight Saving Time:夏時間) 夏季は日照時間(日の出、日没)が長くなるため、LST(地方標準時)の時間を夏場の一定期間だけ早めた時間をいう。東経(+)の国はGMT(標準時)に時間が追加され、西経(-)の国はGMTから時間が引かれる。
例)
・カナダ・バンクーバー(-8)⇒(-7)
・ニュージーランド・オークランド(+12)⇒(+13)
※北半球と南半球では夏季が逆になるため、南北半球をまたぐ時差計算にはDSTの期間に注意。
国際時間計算表(International Time Calculator) 世界各国(地域)のLST(地方標準時)、DST(夏時間)とその期間(period)が掲載されている。

本試験では、国際時間計算表(International Time Calculator)を読み取りながらの解答になります。①2国間のGMT(標準時)、②DST(夏時間)の有無、③DST(夏時間)の期間に注意をして確実に問題を解きましょう。

時差の計算方法
手順
それぞれの国のGMT(カッコ内の数)を確認する。(DST(夏時間)の期間に注意!)
1.大きい数(時間)から小さい数(時間)を引く。
例)下記の3パターンになる。
①共に東経:(+10)-(+2)=(+8)時差:8時間
②日付変更線をまたぐ:(+9)-(-6)=(+15)時差:15時間
③共に西経:(-4)-(-7)-(+3)時差:3時間
2.大きい数(時間)の国のほうが時間が先に進んでいる。
(+12)>(-11)
・(+12):ニュージーランド、フィジー、キリバス共和国など
・(-11):サモア、ニウエ
※ニュージーランドのDST(夏時間)は(+13)。
例題1)カルガリーの日時をもとめる。
東京が6月1日午前10時のとき、カナダ・カルガリーの時刻を計算する。
※GMT:日本(+9)、カルガリー(-6:DST(夏時間))1.大きい数(時間)から小さい数(時間)引く。
(+9)-(-6)=(+15) 時差:15時間2.大きい数(時間)の国のほうが時間が進んでいる。
カルガリーが東京より15時間遅れていることになるので、
6月1日午前10時 - 15時間 = 答え:5月31日午後7時
例題2)
東京が7月1日午後2時のとき、オーストラリア・シドニーの時刻を計算する。
※GMT(標準時):日本(+9)、シドニー(+10)DST(夏時間)に注意!1.大きい数(時間)から小さい数(時間)引く。
(+10)-(+9)=(+1) 時差:1時間2.大きい数(時間)の国のほうが時間が進んでいる。
シドニーが東京より1時間進んでいることになるので、
7月1日午後2時+1時間 = 答え:7月1日午後3時

主な国のLST(地方標準時)
国名 地域 LST/DST 都市
日本 +9
中国 +10
オーストラリア Capital Territory、NSW、Victoria +10/+11 シドニー、キャンベラ、メルボルン
Northern Territory +9.5 ダーウィン
Queensland +10 ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト
South Australia +9.5/+10.5 アデレード
Western Australia +8 パース
カナダ Atlantic Area -4/-3 プリンス・エドワード島
Eastern Time -5/-4 トロント、モントリオール、オタワ、ケベック
Mountain Time -7/-6 エドモントン、カルガリー、バンフ
Pacific Time -8/-7 バンクーバー、ビクトリア
ロシア Moscow +3 モスクワ、サンクト・ペテルブルク
Vladivostok +10 ウラジオストク
イタリア +1/+2
ドイツ +2/+3
スペイン +1/+2
チリ Mainland -4/-3 サンティアゴ
Easter Island -6/-5 イースター島
ニュージーランド +12/+13
アメリカ合衆国 Eastern Time -5/-4 ニューヨーク、ワシントンDC、マイアミ
Central Time -6/-5 シカゴ、ニューオーリンズ
Mountain Time -7/-6 デンバー
Pacific Time -8/-7 LA、サンフランシスコ、ラスベガス
Hawaiian Islands -10 ホノルル

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする