海外旅行実務 出入国法令 検疫法

植物検疫(植物防疫法)
検疫対象となるもの 検疫対象とならないもの
生果実・野菜・穀物・豆類、切花・ドライフラワー、切枝、苗木、種子・球根 1.アルコール、亜硫酸、酢酸、砂糖、塩などに漬けられた植物
キムチ、ピクルス、漬物
2.キノコ類(土の付着がないもの
松茸、トリュフ
3.製茶類
紅茶、烏龍茶、高麗人参者、鉄観音茶
4.乾果(ドライフルーツ)
パイナップル、マンゴー、柿
輸入禁止品(植物防疫法)
何人も、次に掲げる物を輸入してはならない。ただし、試験研究の用その他農林水産省令で定める特別の用に供するため農林水産大臣の許可を受けた場合は、この限りでない。(植物防疫法7条)
1.農林水産省令で定める地域から発送され、または当該地域を経由した植物で、農林水産省令で定めるもの
2.検疫有害動植物
3.土または土の付着する植物

動物検疫(家畜伝染予防防)
対象となるもの 1.牛、豚、やぎ、ひつじ、馬、鶏、だちょう、七面鳥、うずら、あひる・がちょうなどのかも目(もく)の鳥類、うさぎ、みつばちなど
・ハム、ベーコン、ソーセージ、ビーフジャーキー、肉まんなど
はちみつは検疫の対象外(蜂自体が含まれていなければ大丈夫)
対象とならないもの 1.魚介類(ワシントン条約、外来生物法の制限がないもの)
・スモークサーモン、ロブスター
2.乳製品
・バター、チーズ
3.皮製品、羽製品(ワシントン条約の制限がないもの)

ワシントン条約(税関ホームページより
「絶滅の恐れのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」といい、1973年、ワシントンで採択されたことから通称「ワシントン条約」といわれています。この条約は、国際取引によって生存を脅かされている又は絶滅してしまう恐れのある野生動植物を保護することを目的とした条約で、日本をはじめ世界の約170カ国が加盟しています。(日本は1980年批准)
代表的な規制対象動植物
・ワニ、ニシキヘビ、インド象、漢方薬など
詳しくは「税関ホームページ」を参照

外来生物法(環境省ホームページより
特定外来生物による生態系、人の生命・身体、農林水産業への被害を防止し、生物の多様性の確保、人の生命・身体の保護、農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、国民生活の安定向上に資することです。
そのために、問題を引き起こす海外起源の外来生物を特定外来生物として指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入といった取扱いを規制し、特定外来生物の防除等を行うこととしています。
代表的な特定外来生物
・モクズガニ(上海蟹)、コクチバス(ブラックバス)など
詳しくは「環境省ホームページ」を参照

狂犬病予防法動物検疫所ホームページより
「この法律は、狂犬病の発生を予防し、そのまん延を防止し、及びこれを撲滅することにより、公衆衛生の向上及び公共の福祉の増進を図ること(第1条)」
検疫対象動物
・犬、猫、あらいぐま、きつね、スカンク

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする