国内旅行実務 JR運送約款「乗車変更」

乗車変更
1.使用開始前
・1回に限り手数料なしで変更できる。
・変更時に運賃・料金の過不足額を収受または払い戻す。
2.乗遅れ
・指定列車に乗り遅れた場合、当日中に限り、後続の普通車自由席に乗車することができる。
3.使用開始後
・使用開始後に変更する場合、不足分の運賃・料金は支払わなければならないが、過剰金の払戻はない。
・未使用区間が1券片101キロ以上ある場合は払戻される。

運行不能
使用開始後に列車の運行不能が生じた場合、乗客は以下の対応から選択することができる。
1.運賃・料金の払戻し 乗車券:中止駅から目的地までの運賃・料金(特急券等):全額払戻される。
2.有効期間の延長 指定券以外の乗車券や自由席特急券等:開通までの一定期間が延長される。
3.無賃送還 中止駅から開始駅まで無賃で引き返し、運賃・料金全額払戻される。
※途中下車はできない。
4.他経路乗車 他のルートを使って目的駅まで乗車することができる。
本来の運賃・料金と比較して、過剰金が出た場合は払戻されるが、不足額は支払わなくてもよい。

遅延
到着時刻に2時間以上遅延したとき、または乗継駅で予定の列車に1時間以上接続できなかった場合、以下のいずれかを選択できる。
1.運賃・料金の払戻し
2.有効期間の延長
3.無賃送還

紛失
1.乗車するためには再度購入しなければならない。
2.「再収受証明書」を発行してもらうか、再購入した乗車券等に「再収受証明印」を押してもらい、発見時に発見された乗車券と併せて提出すると払戻しが受けられる。
3.払戻期間は1年間

確認テスト 目次



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする