運送約款 フェリー標準運送約款「総則」

運送約款
1.国内航空運送約款(空路) (ANA国内旅客運送約款、JAL国内旅客運送約款)
2.JR運送約款(鉄道)(国内実務で詳しく解説しますので、この章では省略します)
3.貸切バス約款(陸路)
4.フェリー標準運送約款(海路)

適用範囲
1.約款は、フェリー会社が経営する航路で行う旅客及び手回り品の運送に適用される。
2.運送約款に定めのない事項については、法令の規定又は一般の慣習による。
3.運送約款の趣旨及び法令の規定に反しない範囲内で特約の申込みに応じたときは、その特約が優先する。

定義
旅客
徒歩客及び自動車航送を行う場合にあっては、自動車航送に係る自動車の運転者、乗務員、乗客その他の乗車人をいう。
大人
12歳以上の者12歳の小学生は除く※航空約款では12歳の小学生でも大人になる点に注意
小児
12歳未満の者12歳の小学生
手回り品(持込み)
旅客が手荷物として自ら携帯して船室に持ち込む物であって、以下のいずれかに該当するものをいう。(航空機でいう機内持込み手荷物)
3辺の長さの和が2メートル以下で、かつ、重量が30キログラム以下の物品(原則2個)
車いす(旅客が使用するものに限る)
身体障害者補助犬(身体障害者補助犬法の規定による表示をしているもの)及び「介助犬」又は「聴導犬」と表示をしているもの
受託手荷物
旅客がその乗船区間について運送を委託する物であって、以下のいずれかに該当するものをいう。(航空機でいう預入れ荷物)
3辺の長さの和が2メートル以下で、かつ、重量が30キログラム以下の物品(原則2個)
車いす(旅客が使用するものに限る)
身体障害者補助犬(身体障害者補助犬法の規定による表示をしているもの)及び「介助犬」又は「聴導犬」と表示をしているもの
小荷物
3辺の長さの和が2メートル以下で、かつ、重量が30キログラム以下の物であって、船会社が運送の委託を受けるものをいう。
特殊手荷物
旅客がその乗船区間について運送を委託する物であって以下に掲げるもの及びその積載物品をいう。
①自動車であって、二輪のもの(オートバイ
原動機付自転車
自転車、乳母車、荷車その他の道路運送車両法上の軽車両であって、人力により移動するもの(手回り品及び受託手荷物として取り扱われるものを除く)
自動車
道路運送車両法に規定する自動車であって、二輪のもの以外のもの。

確認テスト 目次

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大