国内旅行実務 JR運送約款「料金」

前項で「運賃」について学習しました。次に「料金」についてみていきましょう。「運賃」は、出発地から目的地までの運送の対価であり、乗車する場合に必ず支払わなければならない対価です。それに対して、これから学習する「料金」は、急行や特急、指定席やグリーン席、寝台車などは、早く目的地に到着したり、快適さや安心などの付加価値に支払う対価になります。

特急料金は、指定席と自由席、普通車とグリーン車、また寝台車など、利用する車両により料金体系が異なります。

特急料金
指定席特急料金
1.新幹線
駅間ごとに料金が定められている。
2.在来線
営業キロで料金が定められる。※運賃と違い、料金計算に換算キロ(擬制キロ)を使われないことに注意。
小児の特急料金・急行料金
・大人料金の半額(5円の端数は切り捨て)
・それ以外の料金(グリーン券、グランクラス、寝台券、乗車整理券、ライナー券)は大人と同額

特急料金の概要
特急列車 指定席 普通車 繁忙期(+200円)
通常期
閑散期(-200円)
グリーン車・寝台車(-520円)※JR九州の在来線は-510円
自由席(-520円)※JR九州の在来線は-510円
※JR九州のグリーン車・寝台車は、在来線は510円を差し引くが、新幹線は520円ということに注意。
運賃(乗車券)は全区間と通して発売されるが、料金(特急・グリーンなど)は原則、乗車する列車ごとに発売される
乗車時期により、指定席特急料金は「繁忙期」「通常期」「閑散期」に分けられ、それぞれ通常期の指定席特急料金から±200円を増減する
グリーン席(グランクラス)、寝台車を使用する場合、年間を通して通常期の指定席特急料金から520円を差し引く
自由席特急料金は、年間を通して通常期の指定席特急料金から520円(JR九州は510円)を差し引く
全席指定の新幹線(東北新幹線:はやぶさ、はやて 北陸新幹線:かがやき)が立席特急券を販売する場合、自由席特急券と同額になり、年間を通して520円を差し引く

乗継割引
1.新幹線と在来線を乗り継ぐと、在来線の特急料金が半額になる。(10円未満は切り捨て)
2.新幹線をはさんで在来線を乗り継ぐ場合は、在来線のいずれか高いほうの料金が割引になる。
3.指定席の場合は指定席特急料金の半額、自由席の場合は自由席特急料金の半額になる。
4.グリーン車の場合は、グリーン料金該当部分は半額にならず、特急料金部分(自由席特急料金相当)だけが半額になる。
5.新幹線の特急券と在来特急の特急券を同時に購入しなければならない。
以下の場合に限り、乗継割引が適用される。

1.新幹線⇒在来線  当日に乗り継ぐ
2.在来線⇒新幹線  当日または翌日に乗り継ぐ

乗継割引の適用駅(以下の駅で新幹線と在来線を乗り継ぐ場合)

1.東海道・山陽新幹線の新横浜〜新下関間の各新幹線駅
2.東北新幹線の新青森駅、北海道新幹線の新函館北斗駅
3.上越新幹線の越後湯沢駅、長岡駅、新潟駅
4.北陸新幹線の長野駅
5.大阪駅(新大阪駅で新幹線に乗り継ぐ場合のみ)
6.坂出駅、高松駅(岡山駅で新幹線に乗り継ぐ場合のみ)
7.青森駅(青森駅で新幹線に乗り継ぐ場合のみ)

乗継割引が適用されない駅

東京駅、品川駅、大宮駅、富山駅、小倉駅、博多駅、九州新幹線の各駅

グリーン料金
・乗継割引の適用がない
・東北新幹線と北陸新幹線にはグレードアップした「グランクラス」がある
・原則、列車ごとの料金を計算する
例外
以下の場合は、1つの列車に乗車したものとみなされ、合計額がグリーン料金となる。
1.途中下車しないこと
2.同一方向の乗継であること
山形・秋田新幹線
以下の場合、1つの列車に乗車したものとみなされ、合計額がグリーン料金となる。
1.途中下車しないこと
2.同一方向の乗車であること(新庄⇒福島⇒東京、東京⇒盛岡⇒秋田など)

グランクラス料金
東北新幹線と北陸新幹線にはグリーン席をアップグレードした「グランクラス席」がある。
グランクラス料金はAタイプ(高額)とBタイプの2種類が設定されている。
グリーン料金と同様に、原則、列車ごとの料金を計算する。
タイプの違うグランクラス(AとB)を乗り継ぐ場合

1.東北新幹線
全区間にAタイプ料金が適用される(合計した営業キロを基にAタイプ料金で算出)

2.北陸新幹線
・上越妙高を境に、JR東日本(東京方面)とJR西日本(金沢方面)に分かれる
・会社が同じ区間の場合は、全区間にAタイプ料金が適用される(合計した営業キロを基にAタイプ料金で算出)
・2社をまたいで乗り継ぐ場合、上越妙高を起点に各社のAタイプ料金からそれぞれ1.030円を引いた額を合計した額がグランクラス料金となる

計算式)
(JR東日本の駅から上越妙高駅までのAタイプの料金-1.030円)+(上越妙高駅からJR西日本の駅までのAタイプの料金-1.030円)=利用区間のグランクラス料

例)

グランクラス料金表(JR東日本サイト参照)

100㎞まで 200㎞まで 300㎞まで
Aタイプ 6.170円 7.200円 8.230円
Bタイプ 4.120円 5.150円 6.180円

・東京-上越妙高間の営業キロは、222.4㎞+59.5㎞=281.9㎞
Aタイプの料金は8.230円
・上越妙高-金沢間の営業キロは、168.6㎞
Aタイプの料金は7.200円

これを計算式に当てはめると、
(8.230円-1.030円)+(7.200円-1.030円)=13.370円
よって、この区間のグランクラス料金、13.370円となる。

 グリーン車とグランクラスを乗り継ぐ場合

全体のグリーン料金にグランクラス料金を加算して全体の料金を算出します。考え方としては、割高に設定している特急料金(のぞみ、みずほ、はやぶさ)の差額を加算する考え方と一緒です。

グリーン・グランクラス料金表(JR東日本サイト参照)

100㎞まで 200㎞まで 300㎞まで
グリーン料金 1.030円 2.060円 3.090円
グランクラス料金 6.170円 7.200円 8.230円

JR東日本とJR西日本にまたがった区間を乗車しているので、上越妙高を起点として、双方のグリーン料金を加算します。

・東京-上越妙高間の営業キロは、222.4㎞+59.5㎞=281.9㎞
グリーン料金は3.090円となる。
・上越妙高-金沢間の営業キロは、168.6㎞
グリーン料金は2.060円となる。

よって、東京-金沢間のグリーン料金は、3.090円+2.060円=5.150円

次に、この全区間のグリーン料金から東京-長野間のグランクラス料金を引く。

・東京-長野間の営業キロは222.4㎞
グランクラス料金は8.230円
・東京-長野間のグランクラス料金から、東京-長野間のグリーン料金を引く⇒差額
東京-長野間のグリーン料金は3.090円
よって、東京-長野間の差額は、8.230円-3.090円=5.140円

最後に、全区間のグリーン料金に東京-長野間の差額を加算する。

東京-金沢間のグリーン・グランクラス料金は、
5.150円(全体のグリーン料金)+5.140円(東京-長野間の差額)=10.290円となる。

新幹線
種類
東海道新幹線 東京~新大阪 のぞみ、ひかり、こだま
山陽新幹線 新大阪~博多 のぞみみずほ、ひかり、こだま、さくら
東北(北海道)新幹線 東京~新青森(新函館北斗駅) はやぶさ、はやて、やまびこ、なすの
上越新幹線 東京~新潟 とき、たにがわ
北陸新幹線 東京~金沢 かがやき、はくたか、あさま、つるぎ
九州新幹線 博多~鹿児島 みずほ、さくら、つばめ
山形新幹線(ミニ新幹線) 東京~(福島)~新庄 ※福島~新庄間は在来線扱い つばさ
秋田新幹線(ミニ新幹線) 東京~(盛岡)~秋田 ※盛岡~秋田間は在来線扱い こまち ※東北新幹線「はやぶさ」と併結運航
赤字の列車は、他の列車より特急料金が高額に設定されている。

確認テスト 目次

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大